食パン専門店・つばめパンの熟香と絹香。(名古屋市北区)

つばめパンの熟香。 フードとか?

つばめパンの食パン。熟香と絹香が美味しい!

少し前から生食パンブームで、いろんな食パン専門店があるので目移りしてしまう今日この頃。

お買い物の途中でふと思い立って、ダーリンに寄り道をお願いして名鉄瀬戸線の尼ケ坂駅高架下のSAKUMACHI商店街にあるつばめパンによってもらいました。

緊急事態宣言が出されているので人があまりいないんじゃないかと思ったら、10人くらいのちょっとした行列になっている!

よくよく見ると、ソーシャルディスタンスで1メートルほど間隔をあけて並んでいるのでサクサク動いてはいるのですが、なんとなく諦めて帰ってきました。

ゴールデンウイークの真っ最中ってこともあるんだろうけど、相変わらず人気あるんだなあ。

こんな時にも行列になっているなんて、とダーリンが興味を持ったらしく自分でお店のホームページをチェックして、

「2種類の食パンがあるんだぶね。値段が違うぶ。どう違うのか俺にはわからんぶ」

というので、

本数限定・天然酵母で作られる熟香(2斤、1,200円也、税別)と北海道美瑛産の小麦を使って作られた絹香(2斤、800円也、税別)の2種類の食パンがあって

覚えていないだろうけど、絹香は一度買ってきたことがあるぶよと説明してあげました。

すると

「明日、会社にちょっと行かなくちゃいけなくて、もし予約がとれるんだったら、帰りに買ってきてやってもいいぶよ」

えーーーっ!?めっちゃ嬉しいやん!!

でも確か以前は予約ができないと思ったんだけど・・・、とダメもとでつばめパンに電話して聞いてみました!

こちらが絹香。

すると熟香と絹香は予約OK。やった!!

もうひとつ、抹茶とあずきが練り込んだ食パン(名前を忘れてしまった)もあるんだけど、この食パンだけは予約できないとのことでした。

ダーリンがどうせなら両方予約しろぶというので、熟香と絹香を1本ずつ予約。

翌日、ダーリンがお店に取りに行ってくれました。

ちょっとヘコんでしまったけど四角い方が絹香。(半分食べてしまった)

山型になっているほうが熟香です。

山型になっている方が熟香です。

絹香は小麦の香りがして、もっちりふわふわの食パンです。

熟香はどっしりしっかりとしています。

トーストすると耳はカリッとして、中はしっとり噛めば噛むほど味のある食パンでした。

どちらもとっても美味しかったけど、私はどちらかと言えば絹香の方が好きかな。

保存用のビニール袋もちゃんと入っていました。

保存用のビニール袋も入っていました。

併設のカフェもあってオムレツサンドがとっても美味しいと噂になっています。

この緊急事態宣言が解除されたら、ぜひ食べに伺いたいです。

ごちそうさまでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました