大須観音と大須演芸場に行ってきました!!

大須観音の画像。 フードとか?
大須観音。

元号が令和になって10日ほど。

今年の連休は史上初の10連休でしたね。

10日間全部お休み!!という人も多かったようなのに、私とダーリンはほとんど仕事の毎日でした。

そんな中5月1日と2日は偶然二人ともお休み。

1日はあいにくの雨だったので大人しく家にいたのですが、2日は日帰りでどこかに行こうという話になりました。

日帰りで行けそうな色々な観光地をネットで調べたのですが、どこも混んでそう。

メジャーな観光地は日本人だけじゃなくて、外国の人も来ていてすごいことになっているんだろうなあ・・・と迷っていると、ふとダーリンが

「大須観音にいってみたいぶ」

と言い出した。

大須演芸場の番組表です。

そういえば英国人と結婚した義妹家族が帰省で名古屋に遊びに来てくれたとき、私は彼女たちに引っ付いて一緒に大須観音を観光したのですが、その時ダーリンは仕事で行けなかったんだっけ。

「大須観音に行くんだったら、せっかくだし大須演芸場にも行ってみるぶか?」

少し前にNHKで「落語 the movie」という番組をやっていて、ものごく面白かったんですよね。

一度、寄席を見に行きたいなあと思っていたので、よい機会でした。

前売り券の購入方法はいくつかありますが、一番手っ取り早い方法、セブンイレブンのチケットぴあで買いました。

一人2,700円でした。

5月2日から5月11日までの番組表です。

当日はまず大須観音でお参りを済ませてから大須演芸場に。

大須演芸場は大須商店街の途中の道を曲がってすぐのところにありました。

肝心の大須演芸場の外観の写真を撮ってくるのを忘れてしまいました・・・。汗

思ったよりも建物は小ぶりな感じで可愛らしく、でも地域にとても密着しているような印象を受けました。

収容人数は200人くらいでしょうか。

そういえば寄席では入場料のことを木戸銭っていうんですね!!

時代が江戸に戻ったみたい!!笑

「大須応援団友の会」というものがあるんですね。会員募集中だそうです。

この日はゴールデンウィーク、しかも元号が令和になって初めての開演日ということもあってか満席だったようです。

11時開演の20分前に到着したのですが、ギリギリで入場することができました。

演芸場に入ると一階席と二階席があって、一階席はすでに満席。

自動的に二階席を案内されて、二階席の一番後方にダーリンと並んで座ることができました。

二階席は一番後ろの私たちの座った席だけが椅子席。

それ以外は畳席でした。

足や膝が気になる方は、二階席に案内されたら一番後ろの席がオススメ。

でも演者さんの顔やしぐさはやっぱり前の方が見やすいですよね。

女性は二階席しか空いていないことを想定してパンツで行かれるのがいいかもです。

正座に疲れたら、三角座りもできますしね。

ダーリンが一階席をチラッと見たらしいのですが、一階席はどうやら全部椅子席だったと思う、とのこと。(間違っていたらスミマセン)

そう言えば話は全然違いますが、一番最後に入ってきたカップルさん。

離れた場所に一人ずつの席しかなくて、バラバラの席になってしまうなあと思っていたら、一人で見に来ていた人の隣がたまたま空いていたらしく、すっと席をたって別の席に移動していて、カップルさんは無事に並んで座れたようでした。

見ていて気持ちの良い出来事でした。

満員御礼で大入り袋が出ました!!

さて、私は寄席は初めてだしお笑いもたまにしか見ないので、入り口でもらった番組表を見た時、誰も知らないなあと思ったのですが(失礼!!)、とてもおもしろかったです。

前座から始まって、落語、漫才、講談、落語、腹話術、落語、仲入り(休憩)、落語、太神楽、大喜利とあっという間に時間が経っていました。

休憩の時はチケットを入り口で見せれば出入り自由でした。

満員御礼だったので、「大入り袋」を出口で配っていて、頂いて帰ってきました。

ダーリンは早速開封したようで中身はご縁があるように?「五円玉」が入っていたそうです。

私は記念に大事にとっておくつもり。

また行きたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました