たんたんタヌさんがうちにやってきた。

縁起物のたぬきの置物の画像。 フードとか?

縁起物のたぬきの置物。

ダーリンが社内旅行から帰ってきた。

ダーリンが社内旅行から帰ってきた。

そして

「はい、お土産だぶ!!」

と手渡された大きくて重い物。

がさがさ、包みをあけると

 

ドーン!!

 

と出てきたものは

 

たぬきの置き物!!

 

多分、信楽焼・・・?

・・・・・・。

・・・・・・。

いや・・・。

どうでもいいけど、

これを一体どうしろと!?

うちのリビングに飾れってこと!?

あんまりお互いが何やってるのか、何を考えているのか

興味がない二人なので

いろいろと詳しいことは聞かないけど、

今回だけは

何故、コレを買う気になったのか。

ぜひともヤツに聞きたいところだわ。笑

後日、ダーリンに聞いてみたところ

「なんかこのタンタンたぬさん(彼のあだ名らしい)と目があったぶ。

いいことがあるかもしれんし、

なんだか顔に親近感があったからだぶ」

・・・・・・。

顔・・・というより体型でしょ!?

「開運」の札をつけてます。 通い帳を持っています。

徳利も持っています。 後ろ姿。笠をかぶっています。

なんでも「たぬき」は「他抜き」と言って

「商売繫盛」や「金運」、「招福」など縁起がよいものとされて

現在でも開店、開業祝いや引っ越し祝いなどに贈ることが多いそうですよ。

笠や徳利、大福帳などを持っているのもキチンとした理由があって

  • ・・・災難や悪事から身を守ってくれる。
  • ・・・パッチリ、クリクリした目で前後左右に気を配って
    お客様の気持ちを考えて商売ができるように。
  • 笑顔・・・商売には笑顔や愛嬌が欠かせません。
    笑顔で応対されるとお互い幸せになれますよね。
  • とっくり・・・飲食にこまらないように。
    そして「とっくり」=「徳利」。
    「徳」を積むこと、善い行いをすることで自然に「利」も生まれる。
    なんか納得。
  • 通い帳・・・その昔はお酒を買うときはツケ払いが多かったそうです。
    お店とお客様が、お互いに信頼していないとできないシステムですよね。
    お客様と信頼関係が築けるように、という願いが込められているそうです。
  • お腹・・・どっしりとした貫禄のあるお腹。
    小さなことに動じないで、腹を据えて冷静に物事に対処できるように。
    うちのダーリンもお腹だけは負けてないなあ・・・。
  • 尻尾・・・太いしっかりとした尻尾はしめくくりが大事。
    万が一失敗しても最後をしっかりと終える。
  • 金袋・・・金運。お金がたまりますように。

以上の8か所で「八相縁起」(はっそうえんぎ)というそうです。

くりくりとしたお目目が可愛い。

言われてみると、お蕎麦屋さんなどの玄関や店先に

たぬきの置物が飾られているのを時々見かけるなあ。

日本の風景に溶け込んでしまっているので

あまり気に留めたことはなかったのですが。

せっかくご縁があって

うちに来た子だし、

よく見ると、なかなか愛嬌のあるお顔立ちをしてる。

「開運」

って書いてあるし、

時々、宝くじを買うし(←下心丸出し。努力しないとダメじゃん!)、

大事に飾っておこうと思います。


【 今だけポイント5倍以上 】7号お願い狸(オス) たぬき 信楽焼 タヌキ 送料無料 置き物たぬき タヌキ信楽 陶器タヌキ 狸 庭 縁起物 陶器 ギフト ta-0005

コメント

タイトルとURLをコピーしました