記念硬貨に思うこと。

昨日、ミスタードーナツでのこと。

ミスタードーナツでのお話。
お財布に記念硬貨500円玉があるのを思い出して、
それで支払おうとして断られてしまいました・・・。(ガクっ)

私が使おうとした記念硬貨も、もともとは私の持ち物(ん?)ではなくて、
今日、売り場に記念硬貨を持って商品を購入に見えたお客様がいらっしゃって。
私の職場ではどんな記念硬貨が持ち込まれようと、
きちんと日本で発行されたものなら「お断りしないように」という周知がされています。

周知されていても、記念硬貨がくると私も一瞬、
「あらあ~~、記念硬貨きちゃったよお~~・・・」
と少しがっくりな気分になります。
何故か。
それは通常の500円玉と大きさとか厚さが違うものが多く、
500円玉を収納する(100円ショップなどでよく売っている)ケースに入らない。
(怖いのが「5千円硬貨」もあったりして。
もちろん、間違えないように別の場所に保管するのですが、
うっかり500円玉と間違えてしまいそうです)
故に仕事が終わったときに扱いに困る。
なにより面倒なのが、銀行で入金しようとするとATMでははじかれてしまうので、
窓口にいかなければならない。
時間がかかって大変。
という理由で、記念硬貨は自分のお財布にある普通の500円玉と交換しちゃうことが多い。
(でも記念硬貨もちゃんとしたお金!
500円玉としての価値は変わらないので!!)

記念硬貨、大きさ、厚さをおんなじ形状にしてほしいなあ。

ミスドさんも同じような理由でお断りかな?(笑)
気持ちはわかるヨ・・・。
・・・でもまさかニセモノのお金に思われたとか!?(・・・まさかね・・・ハハハ・・・)
ちゃんと「沖縄復帰二十年 平成四年 日本国 500円」って印字されてるのになあ。
でも担当してくれた若い女の子の店員さんがいい方で、
何人かの先輩の人に聞いて回ってくれたけどダメだった。
混んでいる時間(そんな時に使おうとした私もどうよ!?)だったのに、
嫌な顔もせずに対応してくれて、本当にすまなさそうに「申し訳ありません」と謝罪があり、
とても感じのよい店員さんでした。

とゆう訳で、記念硬貨はいいけど使い勝手が悪いので、
せめて大きさ厚さは同じにしてほしいなあ~~~。
この提案はダメですか、日本銀行さん!?
いや、造幣局さん!?
はたまた財務省さんか!?
(日本銀行&造幣局&財務省にモノ申す私も怖いモノ知らずブヒ・・・汗)
というか「記念硬貨」というくらいだから、記念に「とっておく」ことが前提で、
流通することはあまり想定されていないのかなあ?
う~~~ん、パンピーの主婦にはわからんの~~~。


【送料無料】古銭と紙幣改訂新版 [ 矢部倉吉 ]


コメント

タイトルとURLをコピーしました