甘くて、生姜は控えめ!!京の飴工房の冷やしあめが大好き!

夏に嬉しい飲み物、冷やしあめの画像。 スイーツ

京の飴工房の冷やしあめの素。

まだまだ日中は暑いーーー・・・。

朝晩、少し過ごしやすくなってきましたが、

日中はまだまだ暑いですねえーーー。

我が家では夏になると冷やしあめが登場します。

甘くて、生姜が入っていて

さっぱりとした飲み物です。

仕事から帰ってきた時など、疲れた時に飲むと

生き返った気持ちになります。

冷やしあめの素。

数年前、京都に行ったときダーリンに

「買ってくれぶーーー」

と言われて

買ってきたのが始まり。

それ以来、私の方がはまってしまって

時々思い出したように冷やしあめの素を取り寄せています。

京都(関西圏?)では昔からある飲み物らしいです。

一番好きなのが「京の飴工房」というショップさんの

「冷やしあめの素」

という冷やしあめが一番好きです。

こちらの冷やしあめは生姜が控えめで、

辛いのが苦手な私もゴクゴク飲めます。

水あめのようにドロリとしています。

冷やしあめの素と水の割合は7:1くらいだそうですが、

もちろんお好みで。

ちなみに最近の私は

冷やしあめを水で割るのではなく

無糖の炭酸水とレモン果汁を数的入れて飲むのがお気に入りです。

和風?ジンジャーエール?

炭酸で胃がさっぱりします。

キンキンに冷えた冷やしあめが大好きです。

冷やしあめの素は開封後は冷蔵庫に保管しているのですが

水あめのようにドロリと固まってしまって

水だと上手く溶けない場合があります。

その時は冷やしあめの素を欲しい分だけコップに移し

それからお湯をコップの3分の1くらい入れると

上手に溶けます。

それから氷を「入れすぎかなあ?」と思うほど

たっぷり入れるとキンキンに冷えた冷やしあめができます。

コツは少し控えめくらいのお湯の量で溶かすこと。

あまりお湯が多いと氷を入れてもぬるーーい冷やしあめになってしまいます。

「冷やしあめ」と言うだけに夏の飲み物かと思ったら

ホットでもイケるそうですよ。

生姜が入っているから、冬に飲んだら体が温まりそう。

いいのか悪いのかわからないですが、

我が家ではお料理にも活躍中!!

味醂の代わりに冷やしあめを使っています。

良かったら、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!


【楽ギフ_のし】ひやしあめの素(冷やしあめ) 【4本入り】(レビュー書き込みで次回あめプレゼント)



コメント

タイトルとURLをコピーしました