花一会の椀もなかが可愛すぎてたくさん買っちゃった。

花一会の碗もなかの画像。 食品

花一会の碗もなか。

花一会の椀もなかが可愛い!

栄の松坂屋の食品館をふらふらしていたら、偶然見つけたこちらのお店。

花一会の碗もなか。

本店は東京港区の麻布十番にあり、

栄松坂屋には3月からお店を出したそうで名古屋には初出店だそう。

色とりどりの碗もなかがずらーーーっと並んでいてなんだかワクワクします。

50種類くらいはあったかな?

東京の麻布十番にある本店では100種類以上の椀もなかがあるみたいです。

花一会の碗もなか。2

こういうもなかに入ったのって、お吸い物とか懐中しるこでは見たことがあったけど

花一会の椀もなかはお吸い物、お味噌汁だけでなく

スープ、お茶漬け、スープリゾット、雑炊、はてはにゅうめんまであるそうです!!

もなかもいろいろな形、色があって可愛い!!

種類がとにかく多いので、どれにしようか迷ったのですが

「美味しそう!」と思ったものを買ってきました!

お味噌汁の里いもとオクラ。2 帆立と菜の花のスープ。

「里いもとオクラ」(お味噌汁)、「帆立と菜の花」(スープ)。

じゃがバターのスープ。 お茶漬けの帆立佃煮。

「じゃがバター」(スープ)、「帆立佃煮」(お茶漬)。

お茶漬けの茎わさび。 お茶漬けの汐吹き昆布。

「茎わさび」(お茶漬)、「汐吹き昆布」(お茶漬)。

お茶漬けの賀茂茄子。 お吸い物の揚げ茄子とトマト。

「賀茂茄子」(お茶漬)、「揚げ茄子とトマト」(お吸い物)。

・・・なんかダーリンが好きそうなのばっかり買ってしまった・・・。笑

家に帰って早速「里いもとオクラ」のお味噌汁を食べてみました。

食べ方は最中を割り、お椀に入れてお湯を約120cc注ぐ。

好みでお湯の量は加減してくださいとのこと。

お味噌汁の里いもとおくら。 もなかを二つに割ると、

もなかがキレイに二つに割れなくて、粉々になってしまった・・・。

中からは乾燥させた固形味噌汁の素が出てきました。

そしてその下にはやはり乾燥させた里いもとオクラが。

乾燥させた固形味噌汁。 下にオクラと里いもが隠れていました。

お湯を適量注いでお味噌汁の完成!

里いもとオクラの他にも、わかめ、ネギ、油揚げなど入っていて具だくさんです。

もなかもほんのりと香ばしくて美味しかったです。

お湯をお好みで注いで、

出来上がりです!

実店舗では私のように一つずつ好みのものを選ぶこともできるし

贈答用の詰合せもありました。

大昔からある、しかもインスタントのお味噌汁やお茶漬け、お吸い物もこういう形にすると可愛くてオシャレに見えます。

こんなギフトも喜ばれるかも。

作るのは面倒だけど何か汁ものが欲しいなあ、というときに重宝ですよね。

良かったらぜひチェックしてみてくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました