ダーリンの奢りでイル・コラッツィエーレでランチしてきました!(名古屋市東区泉)

イル・コラッツィエーレでランチの画像。 美味しい場所とか?

イル・コラッツィエーレでランチ。

高岳駅前のイル・コラッツィエーレで週末ランチ。

イル・コラッツィエーレ。

ランチの営業は金曜日と土曜日しかしていないというイタリアンレストランです。

ダーリンが明日奢るからランチしにいこうと急に言い出した。

奢りなんて、珍しいぶーーー。

なんか悪さでもしてるんじゃないぶひかーーー?笑

まあ、どうでもいいや、タダ飯(←品がない!)だと思うと・・・ワクワク。

と、前日の夜に予約を入れました。

こちらのお店には少し前に一人で伺おうと思って一度電話したことがあるのですが、そのときはランチはやっていなくて

「4月からまた週末ランチを再開しますので」

とのことだったので余計に楽しみです。

場所は電車で来られる方は桜通線の高岳駅の改札を出て2番出口の方に歩いていくと、途中に地上に出るエレベーターがあります。

エレベーターで地上に出て、右に4、50メートルくらい歩くとビルの一角に地下に入る階段があります。

地下の一番奥のお店がイル・コラッツィエーレです。

店内は明るすぎず暗すぎず、落ち着いてお食事ができる雰囲気。

背の高いシェフ、そして笑顔の素敵な女性(奥様かなあ?)のお二人で切り盛りされているお店のようでした。

白ブドウジュースを注文。

白ブドウジュースも注文。

ハーブとバラがかわいい花瓶にいけてありました。

目の前にかわいらしい花瓶にハーブと小バラが活けてあり、すてきだなあ、と思っていたら、このハーブは鑑賞するだけでなく、パンについてくるオリーブオイルに浸すとオリーブオイルにハーブの香りがうつって、より美味しくパンがいただけるとのことでした。

前菜1 鮮魚のカルパッチョ、契約農家さんのサラダを添えて。

前菜その1。

鮮魚のカルパッチョ。

写真では写っていませんが(ちょっと写ってるかな)ホタテもあって、新鮮でした。

前菜2 淡路島太刀魚と山菜と空豆のフリット サンダニエーレ産の生ハムを添えて。

前菜その2。

フリットと生ハム。

食事が始まる前にシェフがわざわざメニューの説明に席まで来てくれて、「苦手なものはありますか?」と聞いてくれたんだけど

ウキウキしていた私は「ありませーーーん」と言ってしまいましたが、実は魚が食べられない私。

あ、お刺身やカルパッチョは大好きなんですけどね。

ちゃんとメニューを見るのも大事だな、と思った。

太刀魚のフリットはダーリンに食べてもらいました。

シェフが焼いたというパンが美味しかった!

シェフが朝焼いたというお手製のパンがめっちゃおいしくて、しっとりとしてて柔らかくて・・・
お代わりしてしまいました。

売っているんだったら買って帰りたいと思って聞いたら、「お代わりをお持ちしますね」と言っていただき、

食べられない分は包んでくれて、ありがたく頂いて帰ってきました。

パスタ 愛知県産 アサリのボンゴレロッソ 自家製タリオーニ、カラスミを振りかけて。

富山 ホタルイカの自家製タリオーニ、菜花のソース ペコリーノチーズを振りかけて。

パスタ。

ホタルイカのタリオーニ。

私はホタルイカのタリオーニ、ダーリンはボンゴレロッソを注文。

どちらのパスタも春らしさを感じるパスタでした。

アサリのボンゴレロッソ。

自家製タリオーニ、味がしっかりとしみ込んでいておいしかったなあ。

ダーリンのボンゴレロッソもおいしかったらしく、「もっと食べたいぶひ」と言っていました。

ドルチェ マチェドニア、濃厚バニラジェラートとピスタチオのチュイールを添えて。

ドルチェ。

ドルチェ。2

有機フェアトレード・デカフェ・ハンドドリップコーヒー(ノンカフェイン)。

食後のコーヒー。

お土産でいただいたチョコと包んでもらったパン。

プチプレゼントで、一口サイズのチョコレートがお土産についてきました。
(頂いたパンを翌日お昼に温めて食べたのですが、やっぱりものすごく美味しかった!)

隣の席の感覚もかなりとってあるので話し声も気にならず、落ち着いてお食事が楽しめるお店です。

一人でも入りやすいと思います。

良かったら、ぜひ一度行ってみてくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました