三越の巨峰はダーリンの袖の下。そして私の野望。

三越の巨峰の画像。 フルーツ

一房1,500円もする巨峰だって。

うちレベルだと、ありえない高い巨峰がお土産でやってきた。

今、私の目の前には一房、1,500円もする巨峰がある。

なんて立派で美味しそうな巨峰。

「山梨県産」とシールが貼ってある。

栄・三越で買ってきたらしい。

見よ!!この美味しそうな巨峰を・・・。

ダーリンが栄の三越で買ってきたらしい。

基本、ケチな私はスーパーの598円の巨峰だって買おうか買わまいか散々迷った挙句に、
「やっぱりやーめた」となることが多い。

私がスイーツと同じくらいフルーツも好きなのを知っているダーリンは最近、時々自腹で美味しいスイーツやフルーツを買って帰ってくる。

 

 

何故か。

 

 

車が欲しいんだって。

 

 

 

けっ。

 

 

生意気な!!

 

 

「身の程を知れぶ」

「営業車としても使うんだから、小さくて可愛くて小回りのきく軽にしろぶ!!」

道路を走っている軽を指さして、

「アレ!あの車、コロンとしてて可愛いぶひ!!アレにしろぶ!!」

と誘導してみるのだが、やつは聞く耳を持たない。

「一応、俺も見得ってものがあるぶ」

「上司にも部下にも車買うって、もう言っちゃったぶ」

「部下に『新しい車買ったら乗せてくださいよーーー』と言われたぶひっ。てへっ」

何が

 

 

「てへっ」

 

 

だ。

しらーーーっとしている私とは真逆に、ヤツはウキウキした口調で

「来週、見積もり取ってくるぶーーー」

「今、乗ってる車いくらで下取りしてくれるぶひかなーーー」

「銀行行って定期解約してきていいぶかーーー」

と、勝手に話がすすんでいくーーー。

浮かれているヤツを見ていると、こいつ・・・一度、首絞めてやろうか、と思う。

ダーリン名義の貯金が減るだけだから「ご勝手にどうぞ」なんだけど、老後のことをなーんも考えてない典型だよなーーー、とも思う。

一応、管理しているのは私だから、私の許可がでないと通帳と印鑑はでてこない仕組みになっている。

なのでご機嫌取りに袖の下をちょこちょこと、という訳なのだ。

「ちょっとーーー!!下取りはいいけど勝手に契約してくるなぶひーーー!!」

「わかったぶーーー」

「最終的な契約は私も一緒についていくぶっ!!(余分なオプションとか付けないように見張らないと
いかんぶひっ)」

「わ、わかったぶひーーー」

「あと販売店の担当者にはイケメンを用意しとけぶ!!」

「・・・それはブーに言っても無理ブヒ・・・」

そして私の野望は達成された・・・。

一粒が大きい。

美味しそう・・・。

食後に巨峰を食べた。

このブドウが・・・ん百万円の車に化けるのか・・・。

無性にハラがたって、5粒だけダーリンにあげて、あとは私が全部もらう!!

「あっ・・・ブーの分はたったコレだけだぶか・・・」

とーぜん!!

甘いーーー。

すごくジューシー。

やけくそでバクバク食べる。

 

・・・悔しいけど、めちゃくちゃ美味しいじゃん!!

 

粒が大きいだけじゃなくて、深い甘みがある。

さすが百貨店レベルのフルーツは違うね・・・。

全部、食べてやるっ!!

モグモクしながら、

「あっ、そうだぶひ」

「私も欲しいものがあるんだぶひよねーーー」

「・・・なんだブヒ?」

「コンパクトデジタルカメラ」

「オリンパスのだぶ」

「今まで使ってたのはどうしたぶか?」

「だって重いブヒ」

「最近、肩こりがヒドイぶひ。軽いのが欲しいぶひ」

「それは・・・いくらくらいするんだぶ?」

「ン万円だぶ」

「高いぶひっ!」

 

「はい~~~!?(怒)」

 

 

「なんか言ったぶひかあ~~~(怒!)」

 

 

 

「車一台分で

デジタルカメラが何台買える

ブヒかあ~~~~~~!?(怒!!!!!)」

 

 

「も、もう寝るぶひ・・・」

 

勝った!!

コンデジ、ゲット!!

・・・ついでにどさくさにまぎれて、コンデジ代金は解約したヤツの定期預金から払わせてやるぜ。


ネットでぶどう狩り♪巨峰1房【秀品】《送料別商品》



コメント

タイトルとURLをコピーしました