仙太郎の青じそ入りぼた餅が美味しかった話。

仙太郎のぼた餅、2種類。 スイーツ

仙太郎のぼた餅。

先日、名古屋・栄に行った時。

デパ地下でお買い物をして帰りました。

松坂屋に立ち寄って、ふと甘いものが食べたくなり、最初は「ケーキがいいな」と思っていたのですが、そう言えばダーリンが

 

「おはぎが食いたいぶひーーー」

 

と言っていたことを思い出して、和菓子に急きょ変更。

和菓子コーナーをキョロキョロとしていると、あった!

「仙太郎」という和菓子屋さんで、おはぎ、発見!!

青じそ入りのぼた餅。

ガラスケースを覗きこむと、

んん!?

形状は明らかに「おはぎ」なのに「ぼた餅」って書いてある!!

なに、ぼた餅って、また何か違うモノ!?

と、顔を上げると店員さんがニコニコ笑ってこちらを見ている・・・。

ヘタすると、私の娘くらいの若い店員さんに聞くのもなんだか気恥ずかしくて。

それよりよくよく見ると「青じそ入り」ぼた餅って書いてあるーーー。

ミントの葉っぱは苦手だけど、青じそは大好きな私!

思わず店員さんに

「これ、青じそが入ってるんですか?」

と質問してみました。

そしたら

「そうなんです。中のもち米に刻んだ青じそが混ぜてあるんです。
でも控えめに入っているので、苦手な方も食べられると思います。
口の中で爽やかな風味が広がって美味しいですよ」

とのこと。

青じそ入りぼた餅ときなこのを2コずつ買ってみました。

へえーーー、珍しい、と「青じそ入り」のと「きなこ」がかかっているのと2コずつ買って帰りました。

お値段4つで1,036円也。

「本日中にお召し上がりください」とのことなので、夕飯後に早速、デザートでいただきました。

箱を開けた途端、ふわっと青じそのいい香りがーーー。

甘さ控えめなつぶ餡に、もっちりもちもちなもち米ーーー。

青じそ入りのぼた餅。

もち米の中にほんの少しだけ青じそが入ってます。

店員さんが言っていたように細かく刻んだ青じそがホントに控えめな感じで入っているので、食感にはなんの影響もなし。

ふんわりと青じその香りが残って、後味が爽やかです。

きなこがかかっている方は中にコシ餡がはいっているぼた餅です。

ちなみに少し調べて見たら、ぼた餅とおはぎは呼び方が違うだけで全く同じものなんだとか。

全く同じ和菓子なのに、昔は、ぼた餅は漢字で「牡丹餅」と書いてに春の呼び方、おはぎは「お萩」と書いて秋の呼び方だったそうです。

日本人らしい細やかな感性ですよね。

仙太郎の青じそ入り ぼた餅、美味しかったです。

ご馳走様でした!




コメント

タイトルとURLをコピーしました