バーミキュラ鍋で豚の角煮を作ったよ。

バーミキュラ鍋、到着~~。

やっと、やっと届いたバーミキュラ鍋でクッキング。

届いた翌日に無水のカレーを作ったのですが、
テンション上がりまくりで、写真を撮るのをすっかり忘れておりました。
気付いたのはすべて平らげてから・・・。(笑)

まず2分ほど予熱をします。

翌々日にバーミキュラの公式ホームページのレシピを参考に
豚の角煮に挑戦。
中火で2分ほど、鍋を暖めておいてから
厚切りの豚バラ肉を軽く焼きました。
(レシピだと出てきた油を「クッキングペーパーで拭きとって」となっていたのですが、
うちは二人とも豚の脂が大好きなので、そのまま次の工程に)

軽く焼いた厚切りのバラ肉の上にネギ、ショウガ、ジャガイモと調味料を入れます。

火を「バーミキュラポイント」まで小さくして、
準備しておいたネギとしょうが、
そしてジャガイモを(角煮にはジャガイモを入れるのがうちのレシピ) 焦げを心配しつつ、
ドカドカとほんとに適当に投げ入れるように鍋に投入。

あまりちゃんと確認していませんが、
芋類を入れるときは大さじ1杯くらいの水を入れるような感じ?だったので
水をちょっこっとだけ足して、
そして醤油、酒、みりん、砂糖も適当に。
約90分、煮込みます。

水大さじ1と調味料を入れただけで、野菜からエキスがこれだけ出ていました。

途中、中身が心配で一度フタを開けましたが、
その時には野菜から出たたっぷりのエキスで鍋の中はヒタヒタしていて、
あ、これならもう大丈夫と、 そのままほっときました。

そしてバーミキュラ鍋で初の角煮の完成!!

普通のお鍋で角煮を作ったときは、どんなに煮込んでもイマイチお肉が固かったり、
中まできちんと味が染みていなかったり。
美味しいと感じたことがなかったし、本当に残念な仕上がりでした。

バーミキュラ鍋で初めての角煮が完成です。

ところがバーミキュラ鍋で作った角煮はお肉がふんわり柔らかく、トロットロでした。
ジャガイモもホコホコ。
たった一時間半煮込んだだけで、ちゃんと中まで味が染み込んでいるのに感動しました。
鍋一つでこんなにも仕上がりが違うなんて・・・。

ゆで卵だけ投入時間が遅すぎて、あまり味が染みてなかったのと、
一度も混ぜなかったので、味のとっても染み込んでいる所とない所があったのが残念ポイント。
途中でさっくり混ぜた方が味が均等に染み込みますね、きっと。

角煮、お皿にたくさん出してあげました。

ダーリンにもとっても好評で
「今日の角煮はうまいブヒ~~」
山のようにお皿に出してあげたのに、ペロッと食べてしまいました。
「次は肉じゃがか大根を煮てほしいブヒ~~」
とリクエストまでいただきました。(笑)

しかし想像以上に重い・・・。
もともと握力が弱い私には、フタですら片手では持てません・・・。
とゆーか、お高い鍋なので片手でなんて恐ろしくて持てませんわ。(笑)
両手で大切に扱います。
でもこれだけ美味しく煮物ができると、重さなんて気になりません。

心配していたコゲもほとんどなく、
石けん洗剤のついたスポンジで軽く洗うとおもしろいように汚れが落ちていきました。
焦げ付いても重曹を入れて沸騰させて、しばらく放っておくとキレイに取れます。
(カレーで経験済み)

今、バーミキュラ鍋2個目を検討中。

バーミキュラ鍋でご飯を炊くと、とても美味しいんだそうです。
もし頼むなら、マットブラックの18センチが欲しいなあ。
しかし・・・15カ月待ち、かあ・・・。(笑)
バーミキュラ鍋を注文しておいて、
その前に、待ち切れず「ストウブ」を1つ購入してしまうかも・・・。
これもバーミキュラ鍋に似た形で、すごくかわいい。
(ル・クルーゼが昔から不動の人気モノだけど、
何故か私はル・クルーゼよりストウブに惹かれています)
ストウブもブラックがあるけどフランス製なので、
どうせだったら明るめのキッパリした色の方がいいかも。
・・・これから、苦手だったお料理が楽しくなりそうです。

【セール】《35%OFF》ストウブ(staub) ラウンドシチューパン20cm(チェリーレッド)【RCPnew…


コメント

タイトルとURLをコピーしました